COPYRIGHT(C) fusau.com 2010

♪古文全文音読♪
[1]『夢にねぶる娘』
[2] 今は昔の扶桑の国に、物語こよなう好める娘ありけり。
[3]兄人より歳こそ劣れ、心疾き事幾許も後れず、いときびはに美しかりける頃より、共共手習ひ・学問競ひ為せるも、交じりて戯れに物せる作文の心延へ恥づかしう真秀なるに及ぶては、兄人の僻まむずはなかなかならむと親の企りて、共に学ぶ事をも為させられず成りぬ。
[4] 娘、口惜しと思へども、およすける女子の斯うて候ふは聞こえぬ事と仰せらるれば、其れは然る物にて、あいなき暇を如何で思ひ遣らむと倦んじたり。
[5]然るに、兄君のどちなる青君達、折折書持て来たりて、己が学びたる事言ひ伝へ、論ひなど為る事頻りて、いとど交じらひ賢しう成り行く。
[6] 男子達、此の娘の元より愛敬付き、生ひ先見えし貌有り様を慕びて、学ぶに託ちて訪ひつるに、斯くて其の才弥増さり、書愛づる性いとどしく成るぬれば、愈ねび勝り行く気色は然る物にて、生強ひに物語に言付けて参りて賢し立つも文無からむと躊躇はれ、訪ふ事も劣るもて行く。
[7]夙に馴れたる同じ年頃なる少女等と戯れ居ても、程無き身に比はず大人しき艶の仄見えて己と異様にて、突い居るに細やかなれど、起たば丈低からぬ母君に未だきも立ち並ぶなど、実に程知らぬ奇しき心地に、かぐや姫も斯くや御座しけむと覚ゆる程の事様なれば、宜なれや。
[8] 親も後ろめたき心地して、「目映ゆき心魂も、過ぐしては気疎くも思さるるぞかし」と諫むるも、「など斯くは言はるらむ。
[9]才がりて譏らるるも、人の片秀なるを貶むるも、覚え無き事。
[10]書読む心ときめきを双無き悦びと為せるのみ」と差し答ふるも理にて強ちに責め難きものゆゑ、然こそ言へ、「親に孝ぜむ心有らば、行く行く良き人に婚ひて門広げさせ給ひてよ。
[11]惜真秀なる眉目形、眺めせる間にな移ろはせそ」と言ひ置く。
[12] 娘、人に婚はむずる身の行く末、をさをさ思はざりつるに、斯く言はるるを聞きて、然もやと驚きぬ。
[13]斯くて、身をば妻取らむずる人の如何様ならむと、眼勝ちなる目見のかげろひ、朝な夕な思ひ廻らして、在りも付かず物思ふ有り様いとど艶めかしう、呼ばふ男どもの訪るるも頓に繁く成りぬ。
[14] 然れど此の娘、幼けなき頃より、歌・物語にてなづさひたるは、優なる事世に無き雅び男ばかりにて、現の人どもなどいみじう心劣りせらるれば、あらます行く末に有らまほしき人は夢の中ならでは御座しまさずやとぞ思ひ屈したる。
[15] 斯くて、娘、呼ばひ渡れる男等を疎みてあからさまにも会はず、一人打ち眺むる折ぞ増さり行く。
[16]「如何で斯くは人を背かむずらむ。
[17]心に懸くる方や有る」と親の危ぶめるが流石に労しう思ひ苦しければ、思ひ種をば何方にか託ち寄せむとて詠めるは、
[18]  現にもあらでかなしき君がため並べて人にはあはでさりなむ
[19]  然有らぬ人は更にもとはさじ
[20] 親、ゆかしけれども、強ちに責めむも生憎ならむとや思ひけむか、合はさむに未だしきものゆゑか、然てしも有るべき事ならねど、真愛しう想ふらむとて、「心の儘に」とのみ言ひ置きて、事も無し。
[21]現にも有らぬまで慕ぶらむ思ひ人実に有らば、えなむ忍び果すべからざれば、頓て自ら現れぬべし。
[22]然れど、現の外の人と有らば、いさや、何時しか出で来むや。
[23]娘の思ひ沈む様猶あえかにて、いとど名立ち、言ひ付く男頓には絶えざるを頼みて、猶夢の君思ひ渡りて過ぐしたりけるとかや。
[24]  有るまじき夢の浮き橋有りなむはよにも有らずはかなしからまし



















COPYRIGHT(C) fusau.com 2010