COPYRIGHT(C) fusau.com 2010

♪古文全文音読♪
[1]ゆめねぶるむすめ
[2] いまはむかしふさうくにものがたりこよなうこのめむすめありけり
[3]せうとよりとしこそおとれこころときこといくばくおくれいときびはにうつくしかりけるころよりともどもてならひがくもんきほひなせまじりたはぶれものせさくもんこころばへはづかしうまほなるおよびてはせうとひがまむずるなかなかならおやはかりともにまなぶことせさせられなり
[4] むすめくちをしおもへどもおよすけたるをんなごかうてさふらふきこえことおほせらるれそれさるものにてあいなきひまいかでおもひやらうんじたり
[5]さるにあにぎみどちなるあをきんだちをりをりふみもてきたりおのがまねびたることいひつたへあげつらひなどすることしきりいとどまじらひさかしうなりゆく
[6] をのこたちこのむすめもとよりあいぎやうづきおひさきみえかたちありさましのびまなぶかこちおとなひつるかくてそのざえいやまさりふみめづるさがいとどしくなりぬれいよいよねびまさりゆくけしきさるものにてなまじひにものがたりことづけまゐりさかしだつあやなからためらはとぶらふことおとりもてゆく
[7]つとになれたるおなじとしごろなるをとめざれてもほどなきたぐはおとなしきえんほのみえおのれことざまにてついゐるこまやかなれたたたけひきからははぎみまだきたちならぶなどげにほどしらくすしきここちかぐやひめかくおはしけむおぼゆるほどことざまなれうべなれ
[8] おやうしろめたきここちまばゆきこころだましひすぐしてはけうとくおぼさるるかしいさむるなどかくいはらむ
[9]ざえがりそしらるるひとかたほなるおとしむるおぼえなきこと
[10]ふみよむこころときめきさうなきよろこびなせのみさしいらふることわりにあながちにせめがたきものゆゑさこそいへおやけうぜこころあらゆくゆくよきひとあひかどひろげさせたまひてよ
[11]あたらまほなるみめかたちながめうつろはいひおく
[12] むすめひとあはむずるゆくすゑをさをさおもはざりつるかくいはるるききさもやおどろき
[13]かくてをばめとらむずるひといかさまならまなこがちなるまみかげろひあさなゆふなおもひめぐらしありもつかずものおもふありさまいとどなまめかしうよばふをとこどもおとづるるとみにしげくなり
[14] されどこのむすめいとけなきころよりうたものがたりにてなづさひたるいうなることよになきみやびをばかりにてうつつのひとどもなどいみじうこころおとりせらるれあらますゆくすゑあらまほしきひとゆめなかならではおはしまさずやとぞおもひくしたる