「大学入試古文で満点取れる学力」と「平安女流文学をちゃんと読み解ける実力」を付けてもらうために、
【古文の知識】(古典文法の網羅的・体系的解説)+(助動詞・助詞その他古典機能語の完璧な攻略法)
【和歌の知識】(用語・修辞法・文学史)
【古文単語】(全1500語を、類似の意味グループ&難易度別A・B・C3ランクに分けて徹底解説)
の網羅的・体系的な学習教材を作り上げました・・・のみならず、
上記の【古文の知識】+【和歌の知識】+【古文単語】のすべてを「例文」として埋め込んだ
読解練習&暗唱用(平安調擬古文)歌物語『扶桑語り(ふさうがたり)』全22編(MP3音読ガイドつき)
をも作り上げて、学習内容の理解と暗記が自然にはかどるようにしました・・・だけでは飽き足らず、
上記の【古文の知識(320題)】【和歌の知識(90題)】【古文単語(1500題)】のすべてを(教材登場順に)
<おベンキョ>じゃなく<ゲーム>としてやりまくることで覚え込む<インタラクティブ三択クイズ>
の形にまで仕上げました・・・これでもう「語学も暗記も勉強もキライ」な人でも「古文(だけ?)はカンペキ」に仕上がります!
↓「大学受験合格」・「古文」・「和歌」・「古語」に興味のある方は、どうぞごらんあれ↓



・・・時間&学力に余裕のない人は、↓これをどうぞ↓
古文・和歌・古語の全知識を<常習性三択ゲーム>の反復プレイで覚え込ませる究極のEdu-tainmentツール!
上の三択クイズで何が身に付くか知りたい方は、↓さらに読み進んでください↓



▼BOTTOM▼
「司法」も「作法」も「論法」も「説法」も、便法ザル法悪法だらけ・・・さながら末法の今の世に、
揺るぎなき論理と学習効率を約束する「文法・語法・単語修得法」を欲する諸君に、朗報
WEBで学ぶ(6ヶ月完成スケジュールの)<鉄壁の古文自学自習電子教材>、
古語・古歌・古文の総合サイト《fusau.com:ふさう》から、満を持して遂に登場!!!
入試古文+和歌+古文単語修得用究極兵器群《Mastering Weapons:マスタリング・ウェポン》の、
コトバ&スナップショットによる雑多な紹介  ▼BOTTOM▼ ▲TOP▲
・・・能書きより実際の教材を見たい/イジりたい人は早速↓クリック↓

=記憶学習についての(それなりにデキる人なら)誰でも知ってる当たり前の法則=  ▼BOTTOM▼ ▲TOP▲
 ●<暗記>の極意は<連想の鎖>・・・一つ忘れても、他の手掛かりがあれば芋蔓式に思い出せる状態を作ること。
 ●切り口をいくつも持ち、違う角度から眺めることで、<理解>と<暗記>と<想起>は確実なものとなる。
 ●暗記すべき事項の一側面にチラと光を当てただけの<フラッシュメモリー>じゃ、死角だらけですぐ消え去る。
 ●鮮烈な印象に絡めた記憶(例:"CENSURE:戦車"が来たぞ!・・・"ヒナン(避難→非難)"しろ!のゴロアワセ等)は覚え易い; が、体系的記憶の構築には不適格。脳内理知的ネットワーク構成に役立つのは、意味ある連想で有機的に結び付いた記憶のみ(例:censure:難点を探す→censor:検閲する→censorious:粗探しの好きな→census:国勢調査)。
 ●人は「覚えるに値する」と確信できる物事以外は脳内記憶領域から無意識の内にも排除するもの・・・だから、「これを覚えれば、これだけの得がある」と信じられる教材でなければ、覚えるソバからすぐ消え去り、何度読んでも絶対覚えられない。
 ●覚えるハシから忘れてく・・・なら、<暗記/忘却(忘れた頃にまた)暗記/忘却(忘れた頃にまた)暗記・・・>のサイクルを徹底的&計画的に反復することで<忘却>の居座る余地を減らせばいい。
 ●膨大な暗記学習道中も、<既に踏破した&今後クリアすべき道程>を可視化した上で<覚え込むペース&期間>を計算しつつ、常に<現時点での自分の立ち位置>の確かさを見据えて歩めば、成果は確実、先行きの見えぬ不安に学習意欲が減退することもない。

...そうした<暗記の鉄則>を踏まえての:
=誰もが作れるわけじゃない凄い暗記教材:マスタリング・ウェポン・シリーズ(現時点では、3種類ほど)を御紹介=
・・・以下に紹介する電子教材を作動させるのに必要な条件は:
(1)インターネット接続環境(常時接続の定額料金制を推奨・・・データ量が多いので、従量課金制の方は不向きです);
(2)マルチタブ(+『扶桑語り』の場合はフレーム対応)のフルブラウザ(画面サイズは1024x768以上推奨・・・横長表示不可の携帯電話では無理かも);
(3)JavaScript機能オン(各種連動機能満載の動的ページなので、ブラウザ側でスクリプトをブロックされたら手動で「有効」にしてください);
(4)MP3再生ソフトウェア(音声読み上げ機能にはブラウザではなく独立型MP3ソフトを使いましょう:

《古文単語千五百マスタリング・ウェポン》
・・・もっと詳しく読みたい/聞きたいなら、こちらをどうぞ→  ▼BOTTOM▼ ▲TOP▲
意味・組成・発想の似通った語句どうしをズラリ並べた<意味集団(126)別配列単語集>



曰く)「試験にでる語義」だの「現代語と違う要注意語義」だのを(本を薄くして売り込みやすくする算段を込めて)恣意的(≒気紛れ・身勝手・デタラメ)に並べただけの日本の受験単語集へのアンチテーゼ(=対立的存在)たることをも目指して、「中古から中世(更には、現代に至るまで)に古語が辿った語義の変遷」を解き明かす<巨視的視座の語義解説>



<訳語>だけ[例:すばらしい/ひどい]なんてナンセンス! 理知的な<語義解説>[例:(肯定的に強調する形で)賞賛や喜びの気持ちを表わす/(否定的に強調する形で)困惑・非難・悲嘆・恐怖などの気持ちを表わす]付きの本物の<字典>としての濃密な解説!



膨大な語義の洪水に溺死せずに泳ぎわたれるよう、<語義総数別配列単語集>も用意・・・暗記楽勝な語義総数=1~3レベルをまずクリアしてから、棒暗記では乗り切れぬ語義総数4・5・6・7・over8クラスへのステップアップが可能!



大学入試の観点から分類した<A・B・C水準>の<重要度三段階別配列単語集>も用意!
・・・入門当初の駆け出しの頃(&入試間近の駆込寺としての利用)には<基礎レベル=A水準語(450語)>
・・・難関入試への万全対応を期すなら中堅レベル=B水準語(500語)>
・・・古文読み免許皆伝文化人目指すなら<最上級レベル=C水準語(550語)>
などとあれこれ取捨選択して学習可能!
!しかも!
記憶力(orヤル気!)の強弱や、試験日までの残り日数に応じて、覚え込むペースを可視的&計画的にコントロールできる
[5語刻み][10語刻み][25語刻み]メモリーアシスト機能付き!



古語&文法&和歌履修用巨大例文集『扶桑語り』受講者には、更に<扶桑語り作品内登場順単語集>も用意!



<目で見て、口で唱えて、紙に書いて>の昔ながらの棒暗記パターンを笑い飛ばす(&そうした暗記法に頼るしかないライバル受験生を余裕で引き離す)<全語義解説MP3読み上げ音声プレイバック機能>執拗リピート再生プログラムによる<耳から流し込む反復洗脳方式徹底暗誦法>!
・・・・さらには・・・
■(大脳の機能分化に着目して)理知的思考担当の左脳が司る右耳>には理屈っぽい<語義解説>を、音感的ヒラメキ&想起が得意技の右脳が司る左耳>には1語言い切り型の<訳語>を、左右別チャンネルから流す画期的なseparate stereo mnemonic method:SSMM=左・右別チャンネル訳語・語義分離音声暗記促進システム>
(絵柄じゃお伝えできません:見本版(画像ダブルクリックで開く)ページ上で♪/♪♪クリックして、ヘッドフォンで聴いてみてくださいっ!)



暗記&出題のツボになる重要箇所のみ赤帯で塗りつぶし、マウスカーソルを合わせれば正解が浮き出る<古語伏せ字試験(=通称'赤チン君')>!・・・上記<S22=左・右別チャンネル訳語・語義分離音声暗記促進システム>と併用することで(他の受験生に気の毒なほどの)圧倒的古語メモリーの脳内王国構築が可能!



暗記学習のみにまらぬ語学・社会学的教養が身に付く<古語随想>・・・エッセイ・ブログのタネ本としても最強!(ハマり過ぎれば受験勉強には最凶?)







《古文・和歌マスタリング・ウェポン》
・・・もっと詳しく読みたい/聞きたいなら、こちらをどうぞ→  ▼BOTTOM▼ ▲TOP▲
「古典を読む/歌を読&詠む」ための教養(&ウンチクひけらかし)講座に陥りがちな「古文の本」へのアンチテーゼたる<大学入試合格を合理的に勝ち取るための網羅的・分析的・批判的古典日本語文法&和歌テーマ別解題>!



日本の教場の在来型古文授業の「説明は、したはずだよ・・・」だけで終わる責任逃れ型垂れ流し解説を反面教師としての、<覚え込ませるための工夫満載



複雑な論理と長い文章に触れるとたちまち眠くなる学習者のために<全文読み上げMP3音声プレイバック機能>付き・・・だから、何度も繰り返し聞き流すうちに、問題の核心が耳にこびり付き、頭に焼き付く!



否応もなく覚え込まねば始まらぬ暗記事項の数々には、理知的解説を離れた<ナンセンス語呂合わせ>怒濤の攻撃(大笑い鼻から牛乳潮を吹き的展開要注意)で受験生の記憶労力を大幅軽減!



学習内容の確実な理解を確認&促進するための<赤帯伏せ字確認テスト(通称'赤チン君')<MP3ガイド音声>で、反復学習により容易&確実に記憶可能(&忘れる方が困難?)な鉄壁の古典文法力が身に付く!







《扶桑語り》
・・・もっと詳しく読みたい/聞きたいなら、こちらをどうぞ→  ▼BOTTOM▼ ▲TOP▲
・・・この講座は、上記《古文単語千五百マスタリング・ウェポン》+《古文・和歌マスタリング・ウェポン》受講者のための追加オプション扱いで、両講座の内容に加えて、以下の付加価値つき:
《古文単語千五百マスタリング・ウェポン》収録の重要古語1500の全てと、平安時代に用いられた助動詞(37)助詞(77)の全用法に加えて、《古文・和歌マスタリング・ウェポン》の主要解説内容まで贅沢に織り込んだ<究極の全部入り例文集>として成立した22編の平安調擬古文歌物語集(全編作者書き下ろしオリジナル古文)



<全文総かな表記><漢字仮名交じり表記><現代日本語訳><英文訳><品詞分解構造解析図><電子古語辞典>(+作品目次)の<7枠インタフェース>は全連動性



<古文><現代日本語訳><英文訳>も、全文章に<MP3読み上げ音声プレイバック機能>付きで、理解・鑑賞&暗誦(・・・&子守歌?)を徹底サポート!



古文原文の語句にカーソルを合わせれば自動で浮き出る<古語語義脈絡感応型ポップアップシステム>



文章内の語句(重要古語1500語もそれ以外も)をクリックすれば即座に全語義が参照できる<電子古語辞典>付き!



各作品中での<新出重要古語1500><新出助動詞語法><新出助詞語法>の詳細な解説は、初出現時の<文章内隠し領域>から呼び出して作品内で確認することも、独立した別ページの<総集編>内で総覧的に一括学習することも可!




<電子古語辞典>の見出語横@スイッチをクリックすれば、当該古語を含む《扶桑語り》の原文(古文+現代語訳)がズラリ並んで表示されるインタラクティブ例文表示機能>で、生きた文脈の中での古語の使い方が自然に身に付く!



国立大学記述式試験問題を模した「訳せ/解釈せよ/どういうことか説明せよ/etc,etc.」型問題を随所に配置・・・それを受けての<正論しか言わない鉄壁優等生(=マホさん)>による「国立大学(esp.東京大学)古文問題はこう攻め落とせ」講義を山ほど御披露・・・かててくわえて、<正論は決して言わない下ネタ系ハズし名人(=カタホくん)>による勘違い古文解釈アバランチ大作戦」お笑い講座comedy relief付き!



ネット接続したコンピュータのスクリーン上だけでは飽き足らない貪欲な学習者のために、プリントアウトしてどこでも持ち出し学習可能な<古文+現代語訳+新出重要古語(ABC水準1500語)単語集PDF版冊子も付属!








。。。これほどの超絶的万能自学自習システムを、驚きの低価格で受講可能:
=(ネット常時接続環境さえあれば)誰でも受講可能な敷居の低さ  ▼BOTTOM▼ ▲TOP▲
★年間受講契約料金は★
年額4万8千円>(<古文単語マスター>+<古文・和歌マスター>+<扶桑語り>3パック料金)
----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----
1年契約受講期間終了後の継続受講を希望する場合
   =月額 千円>で、年額受講料払込済み講座の全てを継続受講可能
----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----
☆半年(6ヶ月間)受講契約料金は☆
半年間2万6千円>(<古文単語マスター>+<古文・和歌マスター>+<扶桑語り>3パック料金)
・・・<古文単語マスター>のみなら半年間1万3千5百円>
・・・<古典文法&和歌マスター>のみなら半年間1万  8百円>
・・・<古文単語+文法&和歌マスター>(<扶桑語り>抜き)なら半年間2万4千3百円>
----- ----- ----- ----- ----- -----
半年(6ヶ月間)の契約受講期間終了後の継続受講を希望する場合
(1)各講座ごとの払込済み受講料が1年契約の満額に満たぬ(7ヶ月&8ヶ月めの)場合:
月額 千円>+各講座月額受講料金で、半年受講料払込済み講座の全てを継続受講可能
・・・具体的には:
 非受講契約者閲覧料金=月額1,000円> に加えて:
(A)<古文単語マスター>(受講料=年額18,000円/半年13,500円)継続受講の場合:
 継続受講料=月額2,250円>(・・・年間受講料満額払込済みとなる継続受講3ヶ月目からは、 無料
(B)<古文・和歌マスター>(受講料=年額14,400円/半年10,800円)継続受講の場合:
 継続受講料=月額1,800円>(・・・年間受講料満額払込済みとなる継続受講3ヶ月目からは、 無料
(C)<扶桑語り>オプション付き(受講料=年額7,200円/半年5,400円)継続受講の場合:
 継続受講料=月額900円>(・・・年間受講料満額払込済みとなる継続受講3ヶ月目からは、 無料
(2)各講座ごとの払込済み受講料が1年契約の満額に達した(9ヶ月目以降の)場合:
月額 千円>のみで、半年(=実質的には、年間)受講料払込済み講座の全てを継続受講可能
----- ----- ----- ----- ----- -----
* * *
(! 受講契約の最短期間は<半年>です; 1ヶ月単位の受講(延長)は<半年or1年契約>満了後限定のオプションです !)
(<古文単語千五百><古文・和歌><扶桑語り>の全講座を「半年以下」でマスターするのは至難の業・・・受講計画は余裕をもって構えましょう)
●「半年受講契約」は「1年受講契約」に比して<五割増し料金>になっています(が、内容は同一・・・要するに「駆込寺の御布施は高い」ってことです^^;)
「半年契約」で金銭節約効果が生じるのは「7ヶ月まで=半年(29,700円)+1ヶ月延長(5,950円)」(1年契約より-3,950円)です。
●「半年契約」の場合、受講延長2ヶ月(=8ヶ月目)以降(=9ヶ月目から)は受講料支払総額もその後の継続受講条件(=月額<千円ポッキリ>)も
「1年契約」の場合と全く同一になります・・・が、「講座受講料」以外に必要になる「居残り料(千円)」が、「1年契約」だと13ヶ月目まで不要なのに対し、
「半年契約」だと7ヶ月目で必要になる等、支払総額は割高になります。
(「講座受講料支払総額」が8ヶ月めで「1年契約」と同額になるということは「4ヶ月分見損った」&「7ヶ月&8ヶ月めで支払う居残り料2ヶ月分の2,000円損した」ToT
・・・というわけで、8ヶ月以上の時間をかけて学習する場合、「1年契約」の方がお得です。(期間途中での「半年/1年契約の変更」はできません;最初の決断は慎重に)

-受講契約期間満了後の「居残り料」節約のための裏技指南-
 「居残り料(月額千円)」が必要になる条件は「当該期間内に於いて<1年受講契約>/<半年受講契約>の学習講座を1つも受講していない」ということなので、「何らかの学習講座の<1年受講契約>/<半年受講契約>の期間内」であれば「居残り料(月額千円)」を払う必要は、ありません・・・ということは、次のようなやり方の節約法が考え得るわけです:
(い)-半年ローテーション方式-・・・最初の6ヶ月で<文法&和歌マスター>を受講;次の6ヶ月で<古文単語1500>を受講;次の6ヶ月で<扶桑語り>を受講:この間18ヶ月「居残り料(月額千円)」ゼロ=全部まとめて<半年受講契約>でスタートした場合7ヶ月め~18ヶ月めで支払う<1万1千円分居残り料>が浮く計算(・・・だけど<延長料金>以前にまず<基本料金>が<1年受講契約>の場合の5割増しなので、どうせなら<1年受講契約>の方がお得
(!御忠告!)お得な料金に引かれて「1年契約」した<古典文法&和歌>を「半年でマスター」したとして(実際、数ヶ月で十分修得できるハズ)、その後「あと半年はモッタイナイから、<古文単語1500>も<扶桑語り>も受講せず、1年経つまでじっと待つ」というのでは、学習効果も何もあったものではありません・・・講座のハシゴをする際には、程良い「渡り」の時期を、お間違いなきように。
(ろ)-他分野学習講座継ぎ足し方式-・・・「扶桑語り」の<1年/半年受講契約期間>が満了したら、すかさず他の学習講座の受講生となり「学習講座、現在受講継続中」の立場を維持することで「居残り料(月額千円)」の支払い義務を免れる(・・・ただ、ごめんなさい、今のところ「古文以外の学習講座」、ないんです・・・)



=安すぎる受講料/受講者に有利すぎる好条件に、かえって不安になった人への追加説明=  ▼BOTTOM▼ ▲TOP▲
★自学自習でズンズン賢くなれる(教師不要/要は学習者のヤル気のみ、の)完璧なる電子自習教材だからこそ可能になった<人件費抜き出血大サービス>ならではの、他塾・予備校・家庭教師には絶対実現不可能な空前絶後の低料金!
教材創造者が付きっきりの伴走型教師を演じずとも<学習者の自学自習で100%成果が出る理想の教育システム>であることを自負すればこその月謝換算4千円(一日あたり缶コーヒー1本分!)の自信の超絶的安値!
★完全自学自習教材とはいえ、学習過程で生じた疑問と解答の出会いの場には「受講生専用掲示板」を用意し、真摯な疑問には誠実に回答・・・そうした「疑問/回答」のやりとりを「特定個人への依怙贔屓」に終わらせず「受講者全員の共有資産」として公開するのも、<万人のための教育システム>構築を目指す当塾の哲学(∴ 個別回答はいたしません!)。
★あまりにも完璧にして強力な<受験生の知的武具>を開発してしまった創造者の社会的責任として、<金持ち家庭の受験生にのみ高値で提供=その他の受験生は致死的ハンディキャップを背負い、受験で軒並み敗退=経済格差による学歴格差と社会格差の助長>という形で日本の社会をこれ以上らせる片棒を担ぐことを拒否するべく、自身or子息への知的投資による社会的躍進を目指す日本人なら誰でも手が届く(作者一流の矜持に裏打ちされた)意地と驚異の低価格!

・・・1年365日心ゆくまで使っても5万円以下、・・・私大医学部受験料(←7万円↑!)より安い!・・・オモチャの電動ライフルより安いこの<知的最終兵器>の供与先を、作者は、金持ち相手のみに限定もしなければ、その使い方を特定受験生相手に個別指導もしない・・・戦果はすべて、個々の知的戦士の主体的頑張り次第・・・平等であろう?・・・他の戦争はともかく、受験という競争はそうして同じ土俵の上で戦うべきものだ(・・・さもなくば、国全体が必ず腐る!
・・・ただ、作者は、この<究極の学習兵器:Mastering Weapon>の存在を秘匿もしないが、積極的に広報もしない。に、他のライバル受験生たちの知らぬ間にこれを手にした諸君が受験戦争での圧倒的優位を手にする社会的不平等だけは、如何ともしい・・・諸君が折悪しく<知らぬがホトケの落第生>にならぬよう、陰ながら祈るばかりである。
written by Jaugo Noto(之人冗悟:のとじゃうご) and presented by http://fusau.com

▲TOP▲


・・・作者(之人冗悟)のツイッターつぶやき集・・・(現国・小論文のネタに最適or最悪?)
...『ふさうがたり(扶桑語り)』は
「文と学びの電脳統合体<合同会社ズバライエ>」が提供します...

・・・お申し込みは こちらから→   
"これってよかねー?"と思ったら、LET'S RECOMMEND ON SNS...
ツイート